沖縄は日本国内でもトップクラスの織物の種類があります。
織物大国と言われることもあり、染織物の技術力は大変に高く完成度の高さが世界的に高い評価を得ています。
沖縄の面積は他県に比べて決して広いものではありませんが、
その中にあって10種類以上もの特別な方法による織物があるということは大変珍しいことだと言えます。

代表的なものとして、紅型(びんがた)や芭蕉布、久米島紬、読谷山花織、首里織、琉球絣、宮古上布、八重山上布、竹富ミンサー、与那国織といったものが挙げられます。

なぜこのようにたくさんのバリエーションがあるかというと、
これはかつて沖縄をおさめていた琉球王府が各離島に趣の異なる織物製作を命じたという歴史があるためです。

沖縄に染織物が伝えられたのはだいたい15世紀くらいのことと言われており、
中国や東南アジア諸国から伝えられたことでのちに日本本土にも順に伝わっていきました。
沖縄で特に染織物が発展した理由の一つが豊富な繊維植物の存在があります。
繊維植物である芭蕉、染料となるフクグは亜熱帯地域に多く生息する植物であるので、
沖縄においてはかなり広い地域で織物を製作することができました。

歴史では薩摩が侵入してきたことによりそれまで行われてきた織物に税金がかけられるようになり、
厳しい検査基準をクリアするような高級織物の製作を課せられたことがありました。
この税金制度はかなり厳しいものであり、当時琉球に暮らしていた人たちの生活をかなり圧迫しましたが、
結果として沖縄全体の染織物技術の底上げの原動力となったようです。

なおこのような織物製作はほぼ沖縄の女性によって行われてきており、
全国一とも言われる沖縄の女性の就職率の高さは、
このような沖縄独自の伝統文化を支えてきたということが背景になっていると言えます。

沖縄の織物の中でも特に沖縄らしい柄としてしられているのが紅型です。
紅型の技法は大変複雑かつ長い伝統によって積み重ねられてきたものであるので、
そのための解説書が多くの研究機関から出版されています。
鮮やかな黄色をベースに青や赤などを大胆に配色するのが定番デザインとなっており、
かつては琉球舞踊をするときの衣装として活躍してきました。

琉球紅型のデザインは沖縄の明るい太陽とその下に育つ自然風景を映しだしたものであり、
一瞬見ただけでも沖縄のものだと感じることができるような存在感があります。
厳しい歴史の中でも自然と一体の文化を積み重ねてきたのが沖縄の風土と言えます。