ちゃんぽんというとやはり本場は長崎という感じがしますが、沖縄県内においてもそれに負けないようなおいしい郷土料理があります。
もともと「ちゃんぽん」という料理の名称は、いろいろな食材を混ぜ合わせたものというものを示すものであり、長崎において麺類の上にたくさんの具材を乗せて作ったものが有名になったことから、いつの間にか「ちゃんぽん=麺の上にたくさんの具材を乗せた料理」という認識になっていきました。
長崎ちゃんぽんの特徴は白く濁った塩味のスープに太めの麺を使い、野菜数種類の他にエビやイカといった魚介類や豚肉や鶏肉などの肉類などをごった煮にしたものをかけて食べます。

ですので、長崎におけるちゃんぽんを想像して沖縄でちゃんぽんを頼むとかなり衝撃を受けることになります。
というのは沖縄におけるちゃんぽんとは麺類ではなく、ご飯の上に具材を乗せる丼もの料理であるためです。
沖縄におけるちゃんぽんの特徴は、白いごはんを広めの平皿の上に乗せ、そこへご飯がすっかり隠れるほどの量の野菜と肉などの炒めものを乗せていきます。
見た目の感じとしては長崎ちゃんぽんというよりはむしろ中華丼に近いといえるかも知れません。

沖縄ちゃんぽんの具材によく使われる野菜としては、ニンジンやキャベツ、タマネギ、ピーマンといったものです。
ですがこの野菜類には特に決まりはないようなので、お店やその季節によってかなり内容には差が出てきてしまいます。
そこへ沖縄料理の定番である豚肉を加えていくのが通常ですが、肉類のかわりにランチョンミートやスパムミートを使うような場合もよくあります。
それらをざくざくと大きめに切ってフライパンなどで豪快に炒め、中華スープ風の味付けでまとめたのちにご飯の上に乗せて食べます。

沖縄ちゃんぽんのもう一つの特徴は、一人前の分量がかなり多いということです。
沖縄県内の食堂でちゃんぽんを頼むと、驚くほどの山盛りで登場するということがよくあります。
女性連れの場合などには一人前でちょうど二人分くらいの量にもなるので、初心者の方はいきなり一人一つを注文するのではなくて、様子を見たりお店の人に聞いたりして頼むのがよいのではないかと思います。
またお店でちゃんぽんを頼むと、自動的にセットとして一緒に汁物やおかずもう一品がついてきたりというところもよくあるのでそのあたりもきちんと見ておかないとせっかくの美味しい料理をのこしてしまうことにもなります。