サータアンダギーは沖縄ではごくごく一般的に食べられるお菓子となっています。
沖縄県内だけでなく、各地で開催される沖縄物産展や沖縄料理を提供するお店などでも必ずと言ってよいほど見かけるので、名前くらいは多くの人が知っているのではないかと思われます。
サータアンダギーとはもともと首里近辺で生まれた料理であり、「サーター=砂糖」と「アンダ=油」「アギー=揚げる」の3つの言葉が組み合わされてできたのが語源です。
その名の示すように材料は小麦粉とたっぷりの砂糖となっており、その二つの粉を卵を使って混ぜあわせて油で揚げていきます。
ちなみに全く同じ料理でも宮古列島では「さたぱんぴん」と呼んでいたりします。

サーターアンダギーは最近では学園祭や神社・お寺などの露天としてもよく見かけます。
沖縄県内においてもサーターアンダギーは屋外の露天などでよく売られていることが多いので、ちょっと小腹が空いた時の買い食いなどに使うにはちょうどよい大きさや味となっています。
しかも油でじっくり時間をかけて揚げていくので日持ちがしやすく、冷めても美味しく食べることができます。
また砂糖と小麦粉を使うのであげパンのようなどっしりとした腹持ちがあり、たくさん食べる人も安く満足できる分量を食べることができます。

サーターアンダギーに使用される砂糖には白砂糖の場合と黒砂糖の場合とがあり、それぞれ別の品物として販売をすることもあるそうです。
小麦粉にはベーキングパウダーを混ぜてふっくら感を出すようにしていますが、沖縄県外の人が手作りをしようというときにはホットケーキミックスなどを使用すると簡単に代用することができます。

サーターアンダギーの作り方を詳しく説明すると、まず小麦粉と鶏卵、砂糖(黒砂糖・白砂糖・三温糖などなんでもよい)に卵を混ぜ合わせていきます。
レシピはそれぞれですが、だいたいの目安としては砂糖1に対して小麦粉2くらいの割合にするとバランスがとりやすいようです。
卵はたっぷりめに入れるようにして、ホットケーキやパンケーキのように水を入れないで混ぜるのがコツです。
記事がほどよく固まったら食べやすい大きさにまるめて、低温油にいれて時間をかけて揚げていきます。
温度としてはだいたい140~150度くらいです。
油に入れるとまず表面が固まって少しずつ形が膨張していきます。
途中で記事が割れて不格好な形になりますが、この不規則な形状こそがサーターアンダギーの大きな特徴になります。