沖縄にはいくつか郷土料理がありますが、特徴的なのが麺類を使った料理です。
沖縄には特産品として「沖縄そば」がありますが、その種類はひとつだけでなく地域によって「八重山そば」や「宮古そば」といったふうに呼び分けがされていたりします。
そんな沖縄県内で食べることのできる郷土料理の麺の一つが「ソーキそば」です。
ソーキそばの「ソーキ」とは沖縄で一般的に豚のアバラ骨のことをさしています。
沖縄料理には豚肉は定番中の定番ですが、その体の部位を余さず全て使い切るということも大きな特徴となっています。
ソーキそばもそんな豚肉の部位を使った料理の一つであり、豚のアバラ骨から出るエキスをそのままスープとして生かし、具材としても食べることができるようにした画期的なものです。
ソーキそばに使われているアバラ骨にもいくつか種類があり、軟骨を含んだ柔らかい部分が最も多く使用されています。
しかしかつてのソーキそばといえばアバラ骨でも固い部分を使うことが多く、スペアリブのようなかなり太いものが入っているということもありました。
現在でも沖縄県内のソーキそばを出すお店ではどのアバラ骨を使うかが方針によって分けられており、一般的には昔ながらの固いアバラ骨を使うものを「本ソーキ」または「Aソーキ」と呼び、一方の柔らかい軟骨を使うものを「軟骨ソーキ」もしくは「Bソーキ」と呼んでいます。

沖縄そば=ソーキそばと思っている人もいるようですが、厳密に言えばそういうわけではなく、沖縄そばとして販売されているものの中でも肉のボリュームが多いものを特に「ソーキそば」として分類しているようです。
基本的にはどの沖縄そばもダシを使用したあっさり目のスープになっているのですが、そのあたりも最近はお店によってこってりした味つけをあえて行うというケースもあるので、まさに千差万別の味わいといえるのではないかと思います。

また特筆すべきなのが沖縄そばおよびソーキそばのような沖縄県内で提供される「そば」はいわゆるそば粉を使った「蕎麦」とは違い、小麦粉をベースにしたうどんに近いものです。
沖縄そばは小麦粉100%でできているのが通常であるので、沖縄県内で購入した沖縄そばを本州で「蕎麦」として販売することはできないこととなっています。
注文して出てきたものを見ると最初は肉と骨のゴツさに一瞬ひるんでしまいそうになりますが、食べてみると意外にあっさりしていておいしく、すいすいと食べていくことができます。