海ぶどうというのは、沖縄近海でとれる海藻の一種です。
見た目は緑色をしていますが、茎状につながっているそれぞれの先端部分にはまるでぶどうのように丸いつぶつぶがついており、その形から「海ぶどう」という名称が定着しています。
海ぶどうは別名「グリーンキャビア」と呼ばれることがあるのですが、それはその丸く美しい形状であるとともに、非常に鮮度が落ちやすいため沖縄以外の場所ではめったに食べることができない希少性があることからその名前がつけられました。
沖縄の近海は世界有数の美しさを誇っており、また赤道直下の温暖な気候ということもありいくつかの条件が偶然に重なった沖縄という場所にしか海ぶどうは生息ができないのです。

そんな貴重な海ぶどうですが、沖縄県内であれば比較的安価に食べることができます。
鮮度が落ちやすいということは反対に言えば外部に持ち出しをすることができないということなので、その日にとれた海ぶどうは早く島の中で食べてしまわなければいけません。
そのため沖縄県内限定で、安くておいしい海ぶどうを食べることができるというわけです。
沖縄県内の居酒屋などに入ると、海ぶどうは必ずと言ってよいほどメニューに登場しています。
もっともシンプルな食べ方はそのままお刺身として食べる方法で、とれたての海ぶどうに醤油やゆずポン酢などお好みの調味料をつけて食べていきます。
生のまま口に入れると海ぶどうはプチプチと弾けるような食感があり、海の香りそのままを味わっているかのような優しい味わいが感じられます。
海藻ですからノンカロリーの上食物繊維が豊富で、どんどん食べ進んでいくことができます。

海ぶどうを使った料理にはお刺身以外にもいくつかアレンジがあります。
まず沖縄でとれる新鮮野菜と一緒にした海藻のサラダです。
沖縄は海産物だけでなく野菜の宝庫としてもしられており、夏の時期には太陽の光をたっぷりと浴びた新鮮な野菜を収穫することができます。
トマトやレタス、きゅうりといった生野菜に海ぶどうを併せてドレッシングで食べると、栄養たっぷりでとてもおいしい料理になります。
同様に、温泉卵と合わせたり、他のお魚のお刺身と一緒にして食べたりといった食べ方も広く行われています。

ちょっと変わったところでは海ぶどうを使った軍艦巻きというものがあります。
文字通り海ぶどうを海苔巻きの上に乗せたというだけの料理ですが、いくらや数の子の軍艦巻きと同じような見た目と食感を楽しむことができます。