一気に沖縄の知名度を高めた作品

沖縄を描いた作品は数多くありますが、どちらかといえばこれまでは第二次大戦での日本唯一の戦場だったという点ばかりがクローズアップされていて、悲しいイメージを優先させるような内容のものが多かったように感じます。

そんな沖縄のネガティブなイメージを一新し、新しい創作の場所として一気に知名度を高めてくれた作品と言えるのがNHK朝の連続テレビ小説で放映された「ちゅらさん」です。

「ちゅらさん」が放映されたのは2001年上半期なのでもう10年以上も前なのですが、今でもその影響は大きくドラマで使用された住宅や場所には多くの人が訪れています。

ちゅらさんの舞台になったのは沖縄の離島である小浜島でしたが、こちらもドラマになったことで一気に知名度が高まりました。

小浜島は八重山列島の一つですが、他の離島に比べて認知度は今ひとつであまり訪れる人もいなかったのですが、ドラマの影響もあってか宿泊施設が増え観光地としても知られるようになっています。

島自体はとても小さく島内の展望台に上がると全体を見渡すことができるくらいの広さなのですが、夜になってからの景色がとても美しく何度でも行きたくなる素敵な場所です。

ドラマから沖縄の文化に興味が持たれた

ちゅらさんのドラマについてちょっとおさらいしてみると、主人公である恵里(国仲涼子)は沖縄に生まれ地域の人たちと関わりながら看護師を目指し、東京にわたって下宿生活をしていくというものでした。

沖縄が舞台となったのは物語の前半部分ですが、そのあともたびたび沖縄の様子は描かれ主人公にとってふるさとの存在の大きさをとてもうまく伝えていました。

ドラマでは東京で出会った医師の上村文也(小橋賢児)と恋愛をして結婚、出産をするというところまでが描かれています。

タイトルである「ちゅらさん」は沖縄の言葉で「美しいさま」という意味なのですが、沖縄という土地で生まれたことでその土地の血をずっと保って美しく生きるという人生そのものを示すものとして使われていました。

タイトルもそうですが劇中ではしばしば沖縄独自の言葉や表現などが登場しており、そこから沖縄の文化や方言に興味を持ったという人もたくさんいたようです。

沖縄という土地が持つ深い歴史や文化についてたくさんの人に興味を持ってもらったという意味はとても大きいと言えるでしょう。

沖縄の「おばあ」について

ドラマでは主役の国仲涼子さんをはじめとして沖縄由来の人が多く起用されてきましたが、中でも一番の存在感を示していたのはなんといっても「おばあ」役の平良とみさんでした。

平良とみさんは沖縄県那覇市出身の女優さんですが、実際に幼少期を石垣島で過ごす純沖縄県民の方です。

「おばあ」とは沖縄県で一般的な祖母に対しての呼称なのですが、この平良さんの演技によって一気に有名になりましたね。

沖縄は他県に比べて女性の自立心が強く、非常にしっかりとした考え方をする方も多いようですが、特にこの「おばあ」たちの存在は沖縄という土地を語る時には外せないキーワードになりました。

自然とともに生きる存在であるおばあたちは何気ないセリフの1つずつに重みがあり、人間的な大きさを感じさせることもよくあります。

沖縄に行った時にはそんなおばあたちともふれあいを持ちたいものです。