ご当地ヒーローとして有名

「琉神マブヤー」は、沖縄県民ならほとんど全ての人が知っているだろうご当地ヒーローです。

ゆるキャラやご当地アイドルなど地方ならではの企画で活動をするキャラクターはいろいろありますが、その中の一つとして各地に存在しているのが「ご当地ヒーロー」もちくは「ローカルヒーロー」と呼ばれるキャラクターです。

ですがこの琉神マブヤーが他のご当地ヒーローとちょっと違うのは、なんと独自に特撮ドラマを作ってしまったということです。

「琉神マブヤー」は2008年から琉球放送で放映されていた番組で、約二ヶ月という短い期間でしかたが沖縄県内でかなり人気となりました。

そのあとすっかり知名度が高くなったこともあって、キャラクターショーをしたり漫画化、映画化などたくさんのメディアで登場をすることにもなっています。

「琉神マブヤー」では登場人物たちが沖縄の方言をそのまま話しているということが大きな特徴で、ヒーローやその仲間だけでなく敵キャラも沖縄にちなんだものが使われているという大変な凝りようでした。

琉神マブヤーのあらすじ

琉神マブヤーの舞台は言うまでもなく沖縄で、そこに悪の軍団である「マジムン」が現れたことで戦いが開始されます。

マジムンたちは沖縄にある伝説の9つの「マブイストーン」を手に入れようと企んでおり、これを集めることで悪の力を強めることができます。

マブイストーンにはそれぞれ意味があり、どのストーンを手に入れるかによってお話がそれぞれ展開していきます。

特撮としても大変丁寧に作ってあり、全国放送と同じくらいのクオリティの衣装デザインをしており、格闘もかなり本格的に見せてくれました。

テーマソングもオリジナルで制作されており、主役の役者さんがそのまま歌手として歌うといったことも人気でした。

あまりにも沖縄色が強すぎる内容であるため、他の地域の人が見たら何を言っているのかわからなかったり、小ネタの意味がわからなかったりすることもありましたが、それも地方局の強みというところでしょうか。

琉神マブヤーでの用語解説

沖縄県以外の人にちょっとだけ解説をしていくと、まず「琉神マブヤー」の「マブヤー」ですが、これは沖縄の言葉で「心、精神、魂」といったものを示すものです。

敵の名称「マジムン」は「化け物・魔物」といったものです。

劇中の重要アイテム「マブイストーン」ですが、これは「マブイグミ」という「魂を込める」という意味からきており、魂が入った石という意味になっていました。

また劇中では方言がそのまま使われており「ニライカナイ(理想郷)」や「石敢當(お守りの一種)」といった沖縄県民ならお馴染みの言葉もふんだんに登場しました。

これから琉神マブヤーを見ようという人は、沖縄語辞典を片手にみるようにしないといけませんね。